ホーム > ペット > 噛み癖のしつけ方法

噛み癖のしつけ方法

ペットの噛み癖はお部屋もボロボロにされるし、噛まれると痛いし、大変ですよね。そこで、私が試した噛み癖をなおす方法をご紹介します。
このこのごはん チワワ

まず、前提として噛むことはその子の本能であるということ、また、歯が生え変わりのタイミングで痒いという理由も考えられるので、必要以上に怒らないことをお勧めします。

人間でも、信頼関係がまだ出来上がってない人から凄く怒られたり、ましてや叩かれたりしたら、怖いですよね。

噛んだら怒るではなく、噛まなかったら褒める方向でしつけることをお勧めします。

では、その褒める方向のしつけについて順番に書いていきます。まず、噛み心地の良さそうなおもちゃを数種類用意します。

それで遊んであげると、そのおもちゃを噛むので、そうした時に褒めます。噛んで良いものと悪いものの区別をつけさせてあげましょう。


もし手などを噛まれたら、低い声で、「だめ」と言って、その場から離れます。

ペットは飼い主さんから無視されるのが一番嫌なことなので、「どうやら人間の手を噛むと、面白くないことが起こるようだ」とペットに分かってもらいましょう。

これを根気よく繰り返すことで、少しづつ我が家の愛犬は噛み癖が直ってきました。今は自分からおもちゃを持ってきて、引っ張り合いっこで遊んだりできるようになっています。